新築か中古か!マンションを買うならどっちがお得?

購入価格で選んだら中古マンション

マンションを買って定住するようになりたいという場合に悩むのが新築を選ぶか中古を選ぶかという点です。比較しなければならない要素こそ多いものの、多くの人にとって切実なのは購入価格です。その点では圧倒的に中古マンションに軍配が上がります。一方、管理費や修繕積立金についてもより計画性高く徴収していて設備投資も大きく行われている新築マンションの方が高い傾向があります。しかし、中古マンションでは修繕が必要になったときに費用徴収が行われるリスクがあることも考慮しておく必要があります。

住みやすさで選んだら新築マンション

新築マンションと中古マンションを比較する際に漠然と住みやすさという考えをしたら基本的には新築マンションに軍配が上がります。新築マンションの方が部屋自体の劣化が進んでいないことに加えて、新しい建築技術が取り入れられてより丈夫で防音性や遮熱性等に富んだ造りになっている可能性が高いからです。また、最新の住宅設備が導入されていることが多く、中古マンションに比べると快適に住むための設備が整っているのが新築マンションです。

中古マンションをリフォームする方法も

新築マンションと中古マンションの中道をとる方法として中古マンションを購入してリフォームすることによって住みやすい部屋に作りかえてしまうという方法もあります。予め作りかえて住みやすくされているリノベーションマンションも広まってきており、概して中古マンションよりやや高く、新築マンションに比べると安い傾向があります。建物自体の新しさは変わっていないことには留意が必要であるものの、安価に快適な部屋を手に入れるには有用な選択肢です。

松戸のマンション物件は、上野東京ラインに乗入れるJR常磐線と地下鉄千代田線が乗り入れる為に、東京通勤に便利な地区にあることと、東京圏より購入価格が安い利点があります。

夢じゃない?!誰でも持てる別荘とその使い方

別荘を持つなんて考えた事ありますか?

別荘、そう聞くだけでお金持ちの持ち物ってイメージがわきませんか?一般人には必要無いし、購入なんてまず考えないって人がほとんどだと思います。でも週末だけ、年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みの長期連休にいつもの家で過ごすより別荘があったら?って想像してみてください。なんだか自分だけの秘密空間というかワクワクしてしまいます。きっと旅行にでも行ったように良い気分転換になるはず。そこまで想像が膨らんだら、別荘のある場所は自分の好きな場所、海の近く、山の近く、とにかく暑い夏を避暑地で、などなど想像が膨らみますよね。

予算がないので一般人には無理では?

さて、実際に別荘を持つことになるとしたら予算ですよね。普通の会社員であるうちには到底そんな予算ありません!ってそこで別荘の夢ははかなく消えてしまいます例えば別荘っていうとログハウスのような一軒家を想像しますが、そのような建物だけが別荘ではありません。家以外の場所に別の家があればそれはどんなところでも別荘なんです!例えばどんな?それはアパートや貸家でも別荘は別荘です。むしろ固定資産税がかかる一軒家よりずっと管理も楽ですし、借りているだけなので不要になれば簡単に手放せるのがメリットです。では実際にアパートや貸家を別荘として借りている方のメリットを紹介しましょう。

別荘の賢い使い方は?

家庭を持たれているアウトドアの趣味をお持ちの方が山の近くに1?の安くて小さなアパートを借りているのですが、毎月のように趣味の為に県外へ行くため、宿代が月に2~3万円かかるというのです。その他諸々合わせたら5万円近く行くのでは?しかし小さくて古いですがアパートを借りたらなんと3万代で済むようになったというのです。場所があまり良くないで家賃が激安!光熱費を入れてもなんと3万円代、自分の家だと思うと趣味の道具も置けるし、リラックス出来る、予算も安く済むで一石二鳥だと言います。また、このように大自然の中にお安い物件を借りて週末だけ過ごすご夫婦も沢山おられるようで、普段は都会に住んでいるので自然の中でゆったり過ごせる休日が楽しみになったようです。こうやって見ると別荘も贅沢品なだけではないようですね。

別荘の物件に関しまして今の時代はやはり別荘も自分の将来の財産と考えてローンを組んでまで購入する人たちが増加しています。

違う雰囲気を楽しみたい!季節によって別荘に行こう

別荘があると避暑できます

暑い季節はなるべく涼しい地域で快適にくらしたいものですね。標高が高いところや、気候のいい地域に別荘があればそれも可能です。特に日本の夏は湿気もあって蒸し暑いため、体の弱い人にはきついものがあります。単に贅沢のための避暑ではなく、体の調子を守るために別荘暮らしをしている人もたくさんいるようです。気圧や湿気の変化で症状が出る喘息や腰痛などは、気候のよいところで過ごすことでかなり具合が良くなるようです。

逆に寒い季節に寒い場所へ!

また、逆に、寒い季節に寒い地域の別荘で暮らす人もいます。たとえば京都の冬などは冷え込みが厳しいですが、敢えて寒い時期に京都の別荘で過ごすのもおつなものです。寒い地域の家と言うのは防寒に適した作りになっていて、暖地よりもあたたかい場合があるようです。沖縄なども、夏の暑い盛りに行ったほうが楽しめます。寒い季節に寒い地域へ行ったり、暑い季節に暑い地域へ行ったりするのは、ある意味日本の四季を存分に楽しむ贅沢と言えるのかもしれませんね。

生活に余裕が持てる別荘暮らし

季節によって過ごし方を変えるというのは、かなり心に余裕ができますし、人生を楽しんでいるなあという感じがしますよね。あくせく労働に追われるだけでなく、日本の四季を体で感じながら、その地域の季節を思いきり楽しみたいものです。そうすることで視野も広がり、日常生活に戻ったときに一回り大きな自分になれるかもしれません。むだなこと、贅沢なこと、と別荘暮らしを切り捨ててしまわず、検討してみるのも良いかもしれません。

房総の別荘ならばたくさんの物件が見受けられます。そのために、所在地や価格から検索して、理想的な物件を見つけることができます。